WH-LS1 / フィクサー屋内用ロング(ケンコートキナー製)

WH-LS1

トキナー製1mロングフィクサー。まとめ売り、卸売、対応します。

■特長

梁の高い天井面から吊下げて使う長尺のフィクサーです。パイプ内に通線可能です。
雲台の下のケーブル口はBNCコネクタが通りますので、BNCコネクタを付けた状態でフィクサーの交換ができます。

ケンコートキナーはフィクサー類で国内トップブランドです。
コネクタ部の強度、雲台の安定性、カメラ固定部のグリップ力、安全性をみて他社にない信頼性を持っています。

 

■ 仕様

外寸:617mm~1004mm・φ120
角度調整:前後 +90°~-20°・回転 360°
重さ:590g
最大荷重:4kg(適正2kg以下)
材質:圧延鋼板・アルミ合金

■トキナー製フィクサーと廉価品との違い

トキナー製のフィクサーはフィクサーの中では高い部類に属しますが、細かい部分でこだわりがあります。

 

・雲台を固定するレバー

トキナー製:パイプの芯とほぼ同じ位置で固定。概ね6時の位置
廉価品:力を入れすぎると無限回転してしまう。もしくは8時から9時の位置で固定

 

・ケーブル口

トキナー製:BNCコネクタをつけた状態で無理せず通る。
廉価品:端の部分では通りそうだが、センター部が若干細く通らない。もしくは無理やり。

 

・カメラ固定部

トキナー製:芯が金属になっていて、ゴムの抵抗力も大きくしっかり固定できる。
廉価品:芯までプラスティック。カメラのケーブルに触れるとカメラが回る。

 

・パイプジョイント部

トキナー製:ジョイント部のネジを締め付けた時に内側のパイプが回らない。
廉価品:ジョイント部のネジを締め付けた時に内側のパイプが回る。

 

■カメラの設置位置(高さ)の違いによる見え方の違い

設置条件により画角は異なりますので、参考程度に。

防犯カメラの設置位置(高さ)による画角の違い
防犯カメラの設置位置(高さ)による画角の違い

■ダウンロード

仕様書:spec_WH-LS1
図面:cad_WH-LS1

■3plex Web Shopで購入できます。

3plex Web Shopはこちらから